離婚相談を学ぶ上での基礎知識
離婚相談を学ぶ上での基礎知識
ホーム > 経済 > 節約して借金返済を

節約して借金返済を

個人の破産の手続きにしたがって申し立てる人は一番初めに申請書を住所を管轄する地裁へ届け出るということになります。

申し立て者による申請が届いたら担当者は、破産申請の決定をする事項があるかなどを審査する流れになって議論の終了後申し立てた人に支払い不可な様態などの破産受理の必要条件が満たされているのなら、破産申立の決定がくだることになります。

けれども破産申請の許可があったとしてもそれだけですと借金が免除になったことにはならないのです。

今度は免責の決定をもらう必要があります。

免責というのは自己破産申立の手続きのときに清算が難しい申し立て者の債務に関しては、裁判所がその義務をなしにすることです。

※要は債務を消し去ることです。

免責でも破産申立の決定の時と同様で地方裁判所で診断がおこわなわれることになり審議の終了後、免責の認定がなされた場合は、申立人は返済から脱することになるから債務額は帳消しになって、結果として、クレジットが使用できなくなることを除外すれば自己破産者の受ける不利益から自由になるのです。

このとき、免責非認定(責任をゼロにしない)の判定がなされると債務また破産認定者の被る困難はそのままにならざるをえません。

破産に関する法律の免責は無理もない原因で債務を負い苦しむ方を助けるためにある体制です。

ですので、財を無いことにして破産申請の進行をするといった裁判所に向かって不正な申立書を送るなどの破産制を不正使用しようとする人や、豪遊などの浪費で多重債務を作った方々に対しては破産の申立てプロセスを削除したり、免責が許されません。

破産法では、免責の許諾をもらうことが認められない場合を上で示した事例の他数種類用意していて、その理由を免責不許可の事由と表現します。